■施主支給について

施主支給の仕組みについてお話させて頂きます!

施主支給について

最近、インターネットサイトでキッチンやシステムバス、洗面化粧台などの住宅設備機器が手軽に販売される時代になってきました。

これだけの情報社会になって、住宅設備機機業界に激震が起こったとも言い過ぎではありません!
念願の自分の住まいを買おうと注文住宅を新築で建てたり、リフォームしたり一生での大きな買い物は出来るだけ費用を抑えたい、なおかつ安心して頼みたいのが本音ですね。

 

施主支給とは

施主支給とは商品はお客様がご自身で購入し、工務店に工事をお願いする事!です。

施主支給は、中間マージンがなくなる為、間違いなく住宅設備をを安価に購入出来るので、
メリットが大いにあります。

ただし、施主支給はいいことばかりではありません。
建設会社さん、工務店さん、リフォーム会社さんが嫌がるのです。

キッチンやバス、洗面を現場に収めるも その打ち合わせや収まりの確認など目の見えない経費が係っているので、たまったものではありません!

だから、その責任所在において気持ちの葛藤が生じ【トラブルのもと】になりのです。

 

メリット

・安価に購入できる

 

デメリット

・工務店さんや施工業者を自分で探さないといけない(請け負ってくれる業者様が少ない)

・ご自身で打ち合わせやショールームへ行きプランニングが必要

 

 

仕組みについて

一般的に、工事付きの工事を希望する場合、お客様が工務店様やリフォーム会社に相談します。

そこから、販売店で機器を購入し、販売店は商社や代理店から、商社や代理店はメーカーから購入します。

しかし、施主支給の場合、お客様が商社や代理店に購入し、施工業者に取付のみお願いする事です。

図で流れについてご説明させて頂きます

 

 

①キッチンメーカー

LIXIL(リクシル)・パナソニック・クリナップ・トクラス・TOTOなど

※受注製作したキッチンをキチンとお施主様にお届け、取付け、お使いいただきたいが最大の目的であるため 基本【施主支給】販売はNGです。

 

②商社・代理店・問屋

キッチンメーカーが直接販売を受ける住宅建材を総合的に扱う会社。

 

③販売店(2次・3次)

建設会社や工務店などに出入りする会社。
住宅に必要な材料の専門店が多く、例えば水道屋・材木屋・建材屋・ガス屋・電気屋などがこのポジションに当たります。

 

④建設会社、工務店、リフォーム会社

新築・増改築・リフォームとトータル的に住宅に工事を施す会社。
お施主様のニーズやリクエストを直接お聞きして、その形を実現していくのが仕事です。
設計をしたり、工事の段取りを組んだり、メンテナンスに走ったりと色んな業務があり
ハウスメーカーなどもここに入ります。

 

⑤施主支給サイト

商品のみを販売している業者やサイトの事です。

 

 

施主支給は安価で商品を購入できる事で、人気になりつつありますが、その裏でトラブルも多発しています。


実際にどのようなトラブルがあるのかご紹介します。

トラブル事例

①現場打ち合わせのミスによって、きちんと収まらない。
②納品時の商品受け取りのタイミングが合わない。
③納品、施工の内容が誰としていいのかが不明。
④メーカーが一部非協力的な対応を取る。
⑤施工範囲が不透明な為、メンテナンスも不透明である。

など、いろんなトラブルが発生しがちです。

 

トラブルを回避させる方法

 

ポイント① 施主支給手数料をお支払い

『キッチン取替え隊』では、システムキッチンを納品・組立させていただくにあたって、現場管理や商品の荷受け、打ち合わせに関してお手伝いいただける建設会社さん、工務店さんに
【施主支給手数料】をお支払いさせていただくようにしております。

 

ポイント② 施主支給をしたい事を伝える

施主支給を工務店様や業者様にご理解頂く。あるいは施主支給OKな業者様を探す。

※キッチン取替え隊では、施主支給OKな業者様をご紹介いたします!ご相談下さいませ。

 

➩近くのキッチン取替え隊を探す

 

是非、キッチンリフォームをお考えの方は キッチン取替え隊にご相談下さいませ。

 

 

お問合せボタン②