対面キッチンを安くする方法!

 

 

 

対面キッチンは高い!

その理由を考えれば安く収めることが簡単に出来ます。

 

対面キッチンと、I型キッチンの大きな違いは 【ワークトップ】なんです。

対面は壁付けではないので、ワークトップの形状の手間が大きく変わります。

キッチンリフォーム コスト 対面キッチン

なおかつ対面ですので、キッチンの背面の化粧パネルもそこそこ高いのです!

この材料を低コストの代品で補えば、I型キッチンを対面タイプに現場で出来るのです!

ここで、実際に計算してみましょう!

 


 

まずは、I型プランとアイランドプランの価格的な違いについて 詳しく見てみましょう!

LIXIL 『シエラ』 2400タイプでの比較をしてみます。

 

〇I型キッチン+造作壁プラン

LIIXL

『シエラ』のカタログより

〇240cm(奥行65cm) カスタムベースプラン (食洗機なし) 扉:グループ2

基本価格  ¥629.000-

※人造大理石 グループ1・・・・・+¥47.000-
※吊戸棚なし        ・・・・・-¥62.000-
※レンジフード変更
(サイドマントルフード)・・・・・・+¥100.500-
※ベースエンドパネル  ・・・・・・+¥26.000-

※腰壁化粧部材(人大カウンター・キッチンパネル)
・・・・・+¥103.000

 合計 ¥843.500-(商品のみ、税別)


キッチンリフォーム コストダウン

〇243.5cm(奥行97cm) センターキッチンペニンシュラI型 (食洗機なし) 扉:グループ2

基本価格  ¥959.500

合計 ¥959.500-(商品のみ、税別)


その差額は、¥116.000-

大工さんに腰壁をついでに作ってもらっても、一人工(約¥30.000-)ほどです。

必ずキッチンメーカーの基本パックがお安いとは、限らないのです。

よく業者さんとも ご相談の上 キッチンリフォームを成功させたいものですね目