キッチンリフォーム、どこに頼む?

 

 キッチンリフォームをどこに依頼しましょう?

近くに知り合いの業者さんが居たり、紹介してもらえることは 数少ないことだと思います。

そんなコネが無い場合、
キッチンをリフォームしたいと思った時に、どこに頼めば 【安心】なのか・・・
悩むところです。

 

ご自分で探す時では、色んな業者ケースがありますので ご紹介しておきます。

 

 

◆工務店、大工さん、建設会社

会社組織、自営業と規模は様々ですが 基本建築現場での知識は豊富ですので、急な変更の対応や親切さで 親身になって相談してくれます。自宅の近所の方がスピード感もあり安心して頼みやすいです。

《デメリット》
やはりメンテナンスがつきものなので、その会社さんが永続性があるのかが 【キーポイント】ですね。
水漏れがあるかも知れない?などの緊急時連絡すると廃業されているパターンも最悪の場合にはあります。

 

 

◆ハウスメーカー、デベロッパー

昨今では、新築需要が少なくなって 有名ハウスメーカーがリフォーム産業に参入してきています。
専門のリフォーム部隊を編成し、OBのお客様やご紹介に営業をかけています。
会社組織が大きいのと、ネームバリューでの安心感は絶大です。

《デメリット》
たまにですが、現場知識が少ない担当者がいます。
実際、施工に入る業者さんは 協力業者であってより綿密な打ち合わせをしないと、思惑の仕上がりにならなかったりすることも・・・。費用はやや高めです。

 

 

◆リフォーム専門店

よくチラシなどが新聞折り込みなどで入っていませんか?
リフォームを専門にしている業者さんです。少なくとも住宅業界での実績者が多いので、色んな提案がもらえます。女性コーディネーターを備えた会社も多く、自社で設計もされてるほど充実しています。自社施工されている会社は、費用的にもより安心です。

《デメリット》
場合によって執拗な営業活動をしてくる業者さんもいます。基本営業力がメインなので、かなりのノルマを課されているのでしょう!
※特にしつこく訪問販売している会社には、要注意です!

 

 

◆ホームセンター、複合スーパーマーケット、家具ショップ

集客の多いホームセンター。メーカー協賛でのショールーム的な展示も魅力的です。色んなメーカーの比較相談が聞けます。最近では、オリジナルキッチンなどもメーカーコラボで販売中!

《デメリット》
担当者不在が多いです。他の売り場の店員さんに聞いてもわからないとの返事あり。

 

 

◆メーカーのショールーム

各キッチンメーカーでは、得意先である地域の工務店さんにメーカー専門推奨業者としての案内があります。メーカー紹介からの依頼なので、工務店さんの一生懸命さは感じられます。安心感あり。

《デメリット》
基本、紹介もらったメーカーの商品を採用しなくてはいけない。他メーカーに心移りするときに、心苦しい気持ちになります。

 

 

◆リフォーム紹介サイト

IT業界もリフォーム産業に殴り込みをかけてできたサービス。ネット上で匿名で業者紹介と見積が簡単に入手できるサービスです。完全紹介するサービスと矢面に立って仕事を受けるサービスがあり、どちらともスピード感があります。

《デメリット》
基本、登録している複数の地域業者さん任せになる。窓口は現場知識はほとんどなく、現地現地での対応力に頼っている。一定率の紹介料契約なので、一部不明な費用が掛かっていることにもなっている可能性あり。

 

 

 

と大きく分けるとこんな感じです。

折角、思い切ったキッチンリフォームをしようを考えたのですから 安心、安全で 大満足のいくようにしたいですね!

専門的な知識が豊富にあり、保証が充実していて、親切感のある業者さんで、そこそこ安いところが抜群だと思います。 晴れ晴れ晴れ

 

 

おすすめの全国のキッチン取替え隊はこちら⇒

 

 

キッチンリフォームをお考えの方