ミカドキッチンレールを取り替える!

 

ミカドのキッチンレールがこわれてしまった!
引出レールの取替え方法はこちらです。


 

 


ミカド システムキッチン 『ノーティル』の引き出しレールです!


まず確認する内容です。
(写真クリックでアップになります。)
※要注意事項!

ミカドキッチン レール 修理①
シンク下(上段引き出し)

ミカドキッチン NS-105KYH 修理②
※品番確認
左 内側にシール
NS-105KYH NCH

ミカドキッチン NS-105KYH 修理③
 ゆっくり引き出しをぬく

ミカドキッチン NS-105KYH 修理④
 ※左右同時に

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑤
※レール本体の長さ
40cm
キャビネットのレールを取り替える 

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑥
レールのコマが
外れて取れている

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑦
※左側も交換します

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑧
4か所ほど止まっているビスをはずす。
※手回しのプラスドライバーで!
※外したビスは一旦保管する!
(同じビスを使いますので)

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑨
 このタイミングで、クリーニングおすすめします。

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑩
※ビスは絶対なくさないように!

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑪
※新しいレールを取付
外したビス穴に合わせる(オレンジ◯印)!
(すべての穴が合うわけではありません。)

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑫
※4か所止めます。

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑬
左レールも同様

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑭
キャビネットレール
完成!
 引き出し本体の解体作業 

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑮
引出本体を抜き去る
(タオルや古毛布などで床を養生してください。)

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑯
作業しやすいために取手を外す。
※裏からネジ止め

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑰
引出本体レールのコマが破損

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑱
※左右があるので確認する!
(形が左右逆ですので、合わせてみてください。)

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑲
扉に接する 金物はそのまま再利用する。
※外したビス 覚えておく!

ミカドキッチン NS-105KYH 修理⑳
 ※この金具のみ外す!
※扉側金具はそのまま

ミカドキッチン NS-105KYH 修理㉑
 ※引き出し本体後ろ
〇オレンジのビスを外す

 ㉒

ミカドキッチン NS-105KYH 修理㉒
 ※引き出し本体裏
〇オレンジのビスを外す

 ㉓

ミカド 引き出しレール 交換㉓
 ※扉中央にLアングルあり◯オレンジ
※ゆっくりビスを外す
※位置替えしてもOKです。

ミカド 引き出しレール 交換㉔
落下防止バー 『レーリング』外す
※扉側のリングを手前にスライド、バーを時計回りにねじって抜く!

ミカド 引き出しレール 交換㉕
バーの受け

ミカド 引き出しレール 交換㉖
取替え可能です。

ミカド 引き出しレール 交換㉗
ゆっくり抜く

ミカド 引き出しレール 交換㉘
※交換不必要な場合あり

 ㉙

ミカド 引き出しレール 交換㉙
本体と扉が離脱
引出本体とレールの組立 

ミカド 引き出しレール 交換㉚
扉との接合金具を再生

ミカド 引き出しレール 交換㉛
レーリング受け金具

ミカド 引き出しレール 交換㉜
再取付けしてください。

ミカド 引き出しレール 交換㉝
本体後ろ金具ビス
取付け

ミカド 引き出しレール 交換㉞
レーリング取付け
※バーを時計反対廻りにねじる

ミカド 引き出しレール 交換㉟
取っ手取付け

ミカド 引き出しレール 交換㊱
完成!
㉚~㉝の順番は多少前後してもOKです!ただしっかりビスを締め切ってください!
※ネジ山をくれぐれもつぶさないように・・・
引出を装着する 

ミカド 引き出しレール 交換㊲
左右レールに乗せる

ミカド 引き出しレール 交換㊳
同時にスライドさせる

ミカド 引き出しレール 交換㊴
左右上下の扉バランスを見る

ミカド 引き出しレール 交換㊵
うまくスライドするかの確認してください。
※調整はレーリングバーで前後あわせてみてください!


わからない場合は、ご連絡ください・・・


食洗機 浄水器カートリッジ コンロ

ミカドキッチンレールのご購入へ

 


 

 

 

キッチンリフォームをお考えの方

 


お問合せボタン②


■ミカドキッチンごと、変えようとお考えの方は・・・

 

カタログ依頼クリックボタン


見積依頼クリック


施工事例クリックボタン