スライドキッチンの罠!

スライドキッチンでの注意点です。

引き出しタイプのキッチンが主流になってきています。

キッチンリフォームをされた方も、今までの開き扉タイプから引き出しタイプにされることもかなり増えてきています。

そんな引き出しタイプ(フロアコンテナ・スライドストッカー)を取り付ける時と取り付けた後に注意することがあります。


 

 

キッチンリフォーム 収納 ストッカー②

今までの蹴込みの高さ約10cmというデッドスペースが引き出しの収納となり、出し入れしやすく収納量もアップしました。とても画期的なアイデア商品なんです。

 

しかし、キッチンリフォームでよく施工上悩まされています。

その原因は・・・

〇キャビネットの構造

キッチンリフォーム 施工 注意②

以前の開き扉(蹴込みあり)キャビネットは、周辺の側板・背板などで置き施工していました。

ですので、床の水平レベル調整もいたって簡単だってのですが・・・

キッチンリフォーム 施工 注意①

フロアコンテナキャビネットは、箱全体で床置きする構造なので 床レベル調整が難しく施工にも手間と時間がかかるようになりました。

現在では、メーカーからの同梱部材で床レベル調整パッキンなどが用意されていたりもします。

このキャビネットが、シンク・調理台・コンロと複数での全体調整が必要となりますのでかなりの施工技術が問われることになりました。

キッチンが据わって傾いていたら、それは施工ミスと言われる時代なのです!

 


 

 

施工後のコンテナタイプの問題点です。

 

〇キッチンマットの厚み

 

薄いキッチンマットを引きましょう!

キッチンリフォーム キッチンマット 注意

最近では、各キッチンメーカーはこの対策でパッキン材などですこしゆとりのある高さを設けたりしています。

約2cmほどの厚みのマットまでならオッケーです。

※キッチンメーカーのショールームで実物の確認をされた方がいいでしょう!

キッチンリフォーム 収納 ストッカー

TOTOの『クラッソ』では、あえて蹴込みを使って、6cmまでの高さで対応されています。

 

 

※スライドキッチンのメリット・デメリットですが、やはり収納を重視したいものです グッド (上向き矢印)