スライド・アイランドの注意点

 

アイランドキッチンとスライドキッチンの注意点

 

スライドキッチン

引き出しタイプのキッチンが主流になってきています。

キッチンリフォームをされた方も、今までの開き扉タイプから引き出しタイプにされることもかなり増えてきています。

そんな引き出しタイプ(フロアコンテナ・スライドストッカー)を取り付ける時と取り付けた後に注意することがあります。

キッチンリフォーム 収納 ストッカー②

今までの蹴込みの高さ約10cmがデッドスペースとなっていましたが、それが引き出しの収納となり収納量もアップしました。

とても画期的なアイデア商品なんです。


しかし、キッチンリフォームでよく施工上悩まされています。

その原因は・・・

キャビネットの構造

キッチンリフォーム 施工 注意② キッチンリフォーム 施工 注意①

 

 

以前の開き扉(蹴込みあり)キャビネットは、周辺の側板・背板などで置き施工していました。

ですので、床の水平レベル調整もいたって簡単だったのですが・・・

 

フロアコンテナキャビネットは、箱全体で床置きする構造なので 

 

床レベル調整が難しく施工にも手間と時間がかかるようになりました。

現在では、メーカーからの同梱部材で床レベル調整パッキンなどが用意されていたりもします。

 

このキャビネットが、シンク・調理台・コンロと複数での全体調整が必要となりますのでかなりの施工技術が問われることになりました。

キッチンが据わって傾いていたら、それは施工ミスと言われる時代なのです!

 

施工後のコンテナタイプの問題点です。

 

キッチンマットの厚み

薄いキッチンマットを引きましょう!

キッチンリフォーム キッチンマット 注意

最近では、各キッチンメーカーはこの対策でパッキン材などですこしゆとりのある高さを設けたりしています。

約2cmほどの厚みのマットまでならオッケーです。

※キッチンメーカーのショールームで実物の確認をされた方がいいでしょう!

キッチンリフォーム 収納 ストッカー

TOTOの『クラッソ』では、あえて蹴込みを使って、6cmまでの高さで対応されています。

※スライドキッチンのメリット・デメリットですが、やはり収納を重視したいものです

 

 

アイランドタイプのキッチンプラン

アイランド(島)というように、キッチンが完全に独立したタイプを 【ペニンシュラ】と呼びます。
このプランでは、キッチン両サイドが通路となりますので、かなりの間口が必要となります。

LIXIL アレスタ キッチン⑦

 

メリットとしてはどちらからも侵入できるので、よく台所に立たれるご家族には最適!

吊戸棚が一切ない分、LKD空間の解放感は半端ないです。

レンジフードは、固定させる壁がないため、天井からボルト吊りさせる必要もあります。

建物のしっかりした梁などの躯体からボルトをさげて、それにレンジフードを取り付ける方法です。

注意点

キッチンリフォーム アイランド レイアウト

 

台所の間口が決まっていると、おのずとからアイランドキッチンのサイズも決まってきます。

キッチンの左右と作業正面では、最低でも90cmは欲しいところです。

あと、少々高めなコストともなります。

ダイニングテーブルやイスの配列もよく考慮のうえのキッチンプランニングが必要なのです。

 

〇アイランドキッチンは、台所の間取りから かなり広いスペースが必要なのです。
 特にリフォームでは、よくレイアウトを考えてみてください!

 

 

キッチン取替え隊にお任せ下さい!

キッチン取り替え隊のネットショップ

キッチン取り付け隊のページ

ミカドのキッチンが故障した際のご案内

お問合せはLINE@で簡単

キッチン取り替え隊とは

キッチンリフォームをお考えの方